ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト考察  »  9月16日 課題(立ち回り)ダメだし 矢作×マル
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツムラでっす( ̄∀ ̄)

わけわけで申し訳ないっす。
あんまり自由に出来る時間がなくてねぇ…
でも、テキトーにはしたくないんでお付き合いください!!




それでは、矢作×マルです。


[高画質で再生]

矢作×マル [情報商材]


すごいね。気迫でごまかしまくってるww
いや、立ち回りには必要な要素ですよ、声出しまくったら凄い斬撃に見えたりするしね。
だがしかし、今回の課題は 立ち回りの製作。ちゃんとその観点でダメを出させていただきます♪

改めて客観的に観るとどうかな?
お客さんがこの立ち回りを観て一番最初に思うのは、「よく分からんけど凄い!」じゃないかな?中にはそれすら思わない人もいるかもしれない。なぜだろう?
それは簡単、物語がない雰囲気だけの立ち回りになっているから。


一合目から牽制まではお互いギリギリ互角風の戦いになっていますが、蓋を開けて内容をちゃんと観てみると初っ端からマルが圧倒的に不利なパワーバランスになっています。
その後の仕切りなおしからの立ち回りは、気迫のある良い立ち回りなのですが 終わってみると「あれ?もう終わり?」といった後味を感じさせてしまう。
この立ち回り、実は結構重たい空気をもった立ち回りなんだけど、作った本人たちが その重い空気にいまいち気付いておらず、なんとなく雰囲気でやったもんで第三者に伝わり辛くなってしまっています。
そう、少し説明不足なところはあるけど、当人たちの特性が良く出ている良い立ち回りなんですよ。
ただ、一番重要な部分を逃してしまったことで 立ち回り全体の空気が軽くなってしまったのです。


さぁ、何を逃したのでしょう?
というより、何が足りなかったんでしょう?

答えを見る前に動画を見直して考えてね~♪













はい、答え!!

それは、一合目を終えた後の牽制。

客観的にいうと あれでは短い。もっと緊迫感を持っていたらあんなに簡単に次の攻撃に移れないはず。あれだけ決死の攻撃を仕掛けたにも関わらずパワーで突き放されたんだから 次手は必死に隙を見つけようとするはず。受け手も、ストーリー上 勝ちが保障されているとは云え、決死の相手を目の前に余裕で居られるわけないはず。そんなヤツ相手にしたくないよね?なるべく早く終わらせたいよね?
お互いに足りないのは、一撃でも受けてしまったら この後勝負がどう転ぶか分からないといった緊迫感。特にマルは、印象的に最初から負傷しているんじゃないかと思わせるくらいのパワーバランスなんだから、もっと強くそれを持っていないといけなかったと思う。矢作はその気迫を常に受けているんだから、最短で終わらせる為 全ての攻撃を状況的に全力で繰り出さなくちゃいけない。ボディーブローはあれでは軽い、何かストーリーとは関係のない意図が見える。

物つくりは難しいねっ!!
何かを作る際、書き物もそうなのですが、作品が作り手の手を離れるといったことは良くあることです。そして未熟なうちは中々それに気付けません。ツムラもね( ´д`)ミナショウジンジャ


さてさて、ツムラが修正するとしたら次の2点です。
まずは1合目のマルの連撃の後の矢作。
マルにボディーを捌かれたのに反撃出来るって云うのは少し状況的にバランスが悪い。手を削ると鬩ぎ合いが薄まってしまうので 手を変えて、マルの3発目を受け→右フック→マル ダッキング→低くなっているマルにミドルキック これで整合性が取れるし、起から承をしっかり説明できるようになるはず。
もうひとつは 牽制後2合目の3連撃。
2発目まで避けて3発目を狙って受ける、それにより強烈な迫撃をしかけるが出来、ストーリー的にも転を強調することが出来るようになる。

今回、製作という面では合格点。でも それが意図したものではなかったという点で減点させていただきます。惜しいね♪
常に客観的な視点を持ち、立ち回りも物語の上 芝居の上にあるものだということを理解してしっかり読解するように心がけてください。そうすれば安定して良い立ち回りが作れるようになるから( ^〇^)ノ☆







お帰りの際、ポチッとしていただけると今後の励みになります。
   
にほんブログ村 演劇ブログ 殺陣・アクションへ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます♪只今
殺陣・アクション ランキング  ☆1位☆
NEXT Entry
9月16日 課題(立ち回り)ダメだし 矢作×エリ
NEW Topics
ツムラ組 殺陣教室 5月 日程
ツムラ組 4月 出演情報!!!
2月 殺陣教室 スケジュール
12月 殺陣教室 スケジュール
11月 殺陣教室 スケジュール
10月 殺陣教室 スケジュール
9月 殺陣教室 スケジュール
8月 殺陣教室 スケジュール
7月 殺陣教室 稽古日程
5月 殺陣教室 稽古日程
Entry TAG
立ち回り   矢作   マル   津村英哲  
Comment
37
ダメだしありがとうございます!(≧∇≦)

めちゃめちゃ参考になりました!

確かに見直してみると、勢いだけなのと、パワーバランスがうまくとれていないなと感じます。

難しい〜!(>_<)


でも、作るって勉強になると思いました!

次は言われたことを参考に頑張ります!(`∇´ゞ



38
だろ?作って動いて、時間を置いてそれを観ると結構客観的に見えるからね♪

マルは思い切りは良いんだけど、肉体的過ぎるところがあるからね。
こういった製作を通して、演者の全力は「魂の全力」だということを知ることが出来れば 誰よりも突き抜けることが出来ると思うよ( ̄∀ ̄)

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。