ホーム   »   考察  »  7月1日 殺陣教室 考察
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
なんだか急に暑くなりましたね。
むしろ遅い方だけど、あまりにも急すぎてちょっとびっくりしたツムラです。



さて、前回はリアクション重視の講義でした。
リアクションの取り方については…ユッキーがざっくり説明してくれたからイイかなww

ツムラはアクションよりリアクションが大事だと思っています。と云うと殆どの人が 斬られ方とか殴られ方を連想すると思うのですが、僕的にそれもアクションだと思っています。

僕が云うリアクションとは もっと小さなもので、相手から"受けた"ものではなく 相手から"受けされられたもの"、反応ではなく反射のことです。
斬った斬られたより、なぜ斬ったか なぜ斬られたか。その結果より原因のほうがより大切にすべきものではないかと思っています。
そのなぜの連鎖はリアクションによって生まれ、リアクションによって再生されるべきものだと思っています。


例えばですね。
立ち回りの初手、右手からカラミが袈裟懸けに斬りこんできたとします。これは何故右手の人が、何故袈裟懸けに、何故走り込んで来たのでしょう?
別に左手のカラミでも良い訳ですし、下から斬り上げることだって出来るはずです。
何故でしょう?
殺陣師の付けた振りがそうだからと言われたらそれまでなのですがww それではいつまでたっても"振り"から向け出ることは出来ません。






あなたは「振りをこなしているだけ」と言われた事はありませんか?



殺陣教室の申込書の冒頭に差し込まれている文章です。
その"何故"にそれを紐解く鍵があります。



僕の思う「殺陣がデキる」とは、身体がキレることでも 綺麗に動けることでもありません。
殺陣 アクションの中でその人物として立つことです。

とても難しいことです。
表現の世界のラスボスであり、スライムであります。
ですが、それはリアクションを突き詰めることで徐々に見えてくるものではないかと、僕は信じています。
NEXT Entry
7月8日殺陣教室 byちぃ&ユッキー
NEW Topics
ツムラ組 殺陣教室 5月 日程
ツムラ組 4月 出演情報!!!
2月 殺陣教室 スケジュール
12月 殺陣教室 スケジュール
11月 殺陣教室 スケジュール
10月 殺陣教室 スケジュール
9月 殺陣教室 スケジュール
8月 殺陣教室 スケジュール
7月 殺陣教室 稽古日程
5月 殺陣教室 稽古日程
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031