ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト考察  »  4月1日 殺陣教室 考察
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年度ですね。

寒いですね!
風強いですね!
雨すごかったですねww



新年度一発目ということで…
いつもよりかなり地味目な稽古内容を展開しました。
リアクションと後ろ回し蹴り、ぶっちゃけこれしかしていませんww


ウチでは極力、個人技ではなく他人がいないと出来ない稽古を優先してやっています。
リアクションを重視しているのもその要因が強かったりします。
だがしかし 正しく受け取る練習をするためには、正しく飛んでくるエネルギーを受けなくては効果的ではありません。
リアクション(反応)の練習をするためにはアクション(行動)に頼らなくてはいけない…
結局 アクションは個人技の上に成り立っているのか?
ん~…なんだか歯がゆいっすね。

リアクションとアクションの交点を探す作業はこれからずっと先まで続きそうです。





あ、そういえば ちぃが書いていた息の使い方で一つ訂正があります。


「ふぅ~~う!」の、う!の時と身体が止まる瞬間とが同じタイミングになると強い殴りに見えます。
と言っていましたが、正確には 「う!の時に打ち抜く」 が正解です。
身体の構造上、強打をする際 必ず息を止めるか吐きます。
これは、筋内酸素を効率的に使うため、という理由がありますが、
どんなエネルギーも必ず一度 胴を通過し、その生じたエネルギーを支えるのに胴を固める為 嫌でも息が一瞬詰まってしまうというのも理由の一つです。
つまりは、自分が一番強く殴りたいと思った瞬間に一番強く息を吐けば そこがインパクトになるって話なのです。

後ろ回し蹴りも同じで、壁を使った練習や分割した練習法も、自分が作った"重み"を感じるためのものです。



自分の身体が作り出した一番重い部分と、自分が思いっきり相手にぶつけたい瞬間には必ず差異がでます。
その身体と感覚の差を埋めるためにもエネルギーの流れをちゃんと把握することが変わらぬ上達に繋がります。










蹴りで一番重みを感じ安いのが後ろ回し蹴りなんだよねぇ~…蛇足でしたw


NEXT Entry
4月8日殺陣教室 byちぃ
NEW Topics
ツムラ組 殺陣教室 5月 日程
ツムラ組 4月 出演情報!!!
2月 殺陣教室 スケジュール
12月 殺陣教室 スケジュール
11月 殺陣教室 スケジュール
10月 殺陣教室 スケジュール
9月 殺陣教室 スケジュール
8月 殺陣教室 スケジュール
7月 殺陣教室 稽古日程
5月 殺陣教室 稽古日程
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。