ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイベント  »  9月12日 座・あおきぐみPゲストWS 2日目 byちぃ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます!

うまい具合にまとまらなくて結局長いタイトルをつけてしまいました、ちぃです!!

最初はもっと長かったんですよ―。

座・あおきぐみPゲストWS 津村英哲の殺陣ワークショップ『芝居で活きる殺陣思考術』2日目9月13日 byちぃ

なんてタイトルにしようかと思ったんです!
これは流石に長すぎると思って削らせて頂きました←


さて!

そのワークショップで、エリ・ゆきえ・ちぃの3人は助手としてお手伝いに入らせて頂いておりまして、その一貫としてblogでもワークショップの様子を報告させて頂こうとこうしてペンをとったわけです!

ちなみに、同じくツムラ組メンバーの1人、ダイスケさんもこそっと参加していたりww

初めてのワークショップ体験、どんな様子かちょこっとご報告します!

初日はエリが書いてくれたので、2日目は私、ちぃが担当致します!


私は仕事があって初日は参加出来なかったので、2日目だった昨日から入らせて頂きました。

色々と事情がありまして昨日も途中から参戦したのですが、私が稽古場に入った時には、皆さんミニゲームをされている最中でした。

あれです。
ツムラ組でも紹介しております、足の指だけで前進していく、アレです←

これは普段使わない筋肉や筋をほぐしてくれるので、柔軟をする前に行うとその効果が上がります。

昨日は試しに前屈をしてからやっていたみたいで、ストレッチ前と後では効果もちゃんと出ていたらしく、皆さんの反応も上々↑↑↑
ミニゲームも効果も、どちらも楽しんで頂けたようでした!


ミニゲームの後は、柔軟、筋トレ…というよりは体幹を鍛えるトレーニングを経て、基本の型、約束組み手2種(横面・突き)、簡単な手(1×1)、という流れで進行していきました。

約束組み手までは基本的に、普段ツムラ組でやっている事をそのままやりました。

勿論、説明は比較的に簡単に。

基本の型では最初は真似をして頂くところから、徐々に膝の向き(敵の位置)・重心(攻防の姿勢)の意識を意識して頂き…
約束組み手では攻撃前の合図を「打ちます」から「ハッ!」にしたり、息を合わせる事を意識して頂き…

「打ちます」という言葉ではちゃんと打つ前に言えたのに、「ハッ!」に変えたら中々、やはり踏み込むと同時に言っちゃうようでww
間合いが近くなったりと、最初は苦戦されていましたが、ですが皆さん徐々に慣れてきたのか呼吸も合ってきたように見えました。


1×1の立ち回りでは、組み手で練習をした横面と突き、それに胴払いと足払いを加えたものをやりました。

最初は手を確認しながらゆっくりと回していきましたが、ツムラ先生によるワンポイントアドバイスを受けて、後半は中身を意識してやって頂きました!


それでは、こ~こ~で~!


中身がある殺陣にするポイントその1
『姿勢』

この場合の姿勢は身体の事ではなく、心構えの事です。

殺陣は言ってしまえば嘘。
実際に人を切っているわけではありません。
というか当ててはいけません。

だから間合いを調節したり、外して打ったりしますね。

ですが、気持ちも外していてはいけないのです。

例えば突きの場合、『相手の喉に刃を入れる、喉を刺す、倒す』と意識をしていて、実際に突くところは肩の横。
という具合です。

そういう意識を持つ事で、自然と雰囲気が出て、人と人の間に空気が生まれる。

何も考えずにただ構えているだけでは、雰囲気も空気も生まれません。
これは台本芝居でいう、ただ台詞を言っているだけの状態です。


中身がある殺陣にするポイントその2
『目線』

殺陣は確かに決められた手はありますが、それを追っていてはいけません。
それは台本芝居でいうと、段取りをやってる状態。

本来ならば約束された次の手などないわけで、(動きによって次の手が限られる事はありますが)、そして刀を持っているという事は命のやり取りをしているという事です。

普通のお芝居でも目の動きは重要視されていますが、それは殺陣でも同じ。

目線は必ずしも相手の顔にあるわけではありません。

むしろ同じくらい、へたをすればそれ以上?
目線はある場所を見ています。

それは、相手の刀の刃。

とくに、受ける時や避ける時などは勿論、相手が攻撃の構えを取っている時も場合によっては見ます。

これはそういう殺陣のルールというわけではなく、人間の心理としてです。

だって、当たったら切られちゃうもんww

もしも目の前でナイフ(以外でも鋭利なものでも)を突き立てられたら、目は相手の目ではなくて『自然と』そのナイフに集中しますね。
そういう事です。


このポイントを押さえる事で、殺陣がぐっとリアルに見えてきます。

皆さんもアドバイスを頂く前と頂いた後では、雰囲気が一気にかわりました。

でもここで注意をしなければいけないのは、感情のままに手を打ってはいけないという事です。

あくまで基本動作やある程度の型はあって、中身や感情はその型に上乗せする感じです。
怪我をしやすくなってしまいますからね。

………と、言うのは簡単ですが、実際にやると今度は型を忘れちゃうww
難しいんですよね~これが!


さて。

こんなお話をしました1対1の立ち回りの後は、今回のWS最終日にある発表会に向けて、台本選びと読み合わせ、チーム分けからのオープニングの立ち回り作成に入りました。

台本は今回4冊。
立ち回りも入れて大体5分前後くらいのお話です。

まずは1回読んでもらってからやりたい台本のアンケートを取って、集計結果で2チームを編成致しました。

1チームにつき台本は2つ。
オープニング・台本2つで、1チーム3種類の立ち回りを作っていきます。

手を考えるのは勿論ツムラさんですが、それに先程のポイントを入れつつ中身をつけていくのは、皆さんの作業です。

オープニングの立ち回り、作品の立ち回り2本、台詞…
覚えておくことは沢山ありますが、しっかり復習・予習を行って頂き、最終日の発表会では是非その成果を発揮して頂けたらと思います!

その成果といっても、こう言っては何ですが完璧でなくても良いと…個人的には思っているのです。

今回の発表会はあくまでもWS内のものですので、満足のいくものが出来なくてもちょっとでも、『殺陣ってこういうものなのかな?』とか、『台詞は間違えたけどあそこの手は息が合ってたと思う』とか、『実はよくわからなかったけれど、でも楽しいな、もっと上手くなりたいな』とか、何か一つでも皆さんの中に残って頂けたらそれで良いのだと、私ちぃは思っております。

実際殺陣には色んな方法がありますし、一番恐れているのは『つまらないと感じた上に何も得られなかった』という結果です。

だけどそれは、昨日見る限りでは大丈夫なのではないかなと思いました。

人数は私達を入れたら20人前後、年齢層は結構バラバラで、勿論得手不得手もバラバラ。

それでも皆さん、全員笑って下さっていました。
刺す空気もなく本当にフレンドリーな雰囲気で、冗談が飛び交い、休憩中にも質問をして下さったり、互いに手を確認していたり、稽古場全体で和気藹々としておりました。

皆さんとても良い方々ばかりです。
もっともっと、殺陣の面白さを知って頂きたい。
今回のWSに参加して良かったって思って頂きたい。

実はもう折り返し地点ですが、残りの回数も、楽しく・元気に・怪我の無いように、やっていきたいです。


と!

こんな感じで昨日のWSは行っておりました~~~!

こっそり、私自身もとても勉強させて頂いているので、これを肥やしにまた成長出来たら良いなと思っております!

次回のWSは9月19日(水)!
その日の様子はまた、ご報告させて頂くと思いますので、お楽しみに!

またまた長くなっちゃったww
っていうかこんなにがっつりWSの内容を書いて良かったのだろうかwww←←←(今更)

ダメだったら止めが入りますよねww

ではでは今回はこんな感じで。
最後はいつものちぃ流に締めさせて頂きます!

読んで頂きありがとうございました!

次回のブログ担当はどなたでしょうか?
皆さんお楽しみに!

今後ともツムラ組をよろしくお願いいたします!
(≧∇≦)ノ゛




。*゜ちぃ゜*。
NEXT Entry
9/13 稽古
NEW Topics
ツムラ組 4月 出演情報!!!
2月 殺陣教室 スケジュール
12月 殺陣教室 スケジュール
11月 殺陣教室 スケジュール
10月 殺陣教室 スケジュール
9月 殺陣教室 スケジュール
8月 殺陣教室 スケジュール
7月 殺陣教室 稽古日程
5月 殺陣教室 稽古日程
4月殺陣教室稽古日程
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。