ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト考察  »  8月~2月 まとめww
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルにノロ ちゃんと回避していますか?
ツムラです。


先ほど気づいたのですが、忙しさに託けて なるべく毎月つけようと心掛けていたはずの"まとめ"を綺麗にスッカリ忘れていました。どれくらいって、去年の8月から約半年間ww
ここまで忘れてるとちょっと面白いよね♪



え~…去年から今年にかけて、特に年末年始はツムラ組にとって正に飛躍でした。まぁ特に飛躍させるつもりはないんですが、そんな個人的な思惑は置いといて『卑弥呼』『卑弥呼予告編』『笑ってはいけない…』『羅城の蜘蛛』とチームで何かをすることが多い年越しでした。
ツムラ的に"本番"を皆に経験させてあげられたのが一番の収穫だと思っています。

やっぱりね何かに向いていかないと良い所も悪い所も見えないわけですよ。
それを一番感じたのは 卑弥呼予告編前後。


現在 立ち回り要員として戦力になるのはツムラとあと一人と もう少しなのが一人くらい。ぶっちゃけた話 卑弥呼予告編の時に思ったんですよ「あ…こいつら使えない…」って。
でもそれはみんなの責任ではなく、これは今まで 本気を出さざるを得ない場を提供できなかった主催者の責任。
最近「自分のせいだと思うのは相手への諦めだ」と某ダイスケ氏に言われたのですが、流石にこれは当てはまらないよなぁ…経験したことないことまで期待するのは傲慢だよね。ちょっと期待していました(汗)
これは仕方がない、だってお互い実践経験が圧倒的に少ないから。
皆は人前で剣を振るう経験、俺はツムラ組を使う経験。

そんでその流れで卑弥呼の本番。
終わってみれば あの本番で成長した者もいれば、先を見出せた者、錯覚した者、あまり変化がなかった者、それぞれでした。それでも皆一様に成果は出ています。しかし、立ち廻りに限ったことではありませんが、その作品が終わって次はどうだ?本番の時 板の上に立っていた自分のように"出来ている"状態にある者が何人いるだろうか?と僕は考えるのです。

人間、何かを成し遂げた時 頭ではいろんな人に感謝していても 無意識の中で自分の力だと感じているところがあるんじゃないだろうか?

僕は 立ち廻りを作る際 物語を重視して作ります。一合結んだ前と後では何かが違う、一刀振り下ろす毎に物語が加速する、そんな立ち廻りを意識して作っています。ほかの殺陣師さんたちも自分のテーマに沿って作っています。そのアプローチは違っても、皆最終的には舞台上に描かれる一枚の美しい絵をイメージしています。それは板の上に立っている者が一番美しく見える様に導いているともいえます。
演出家も同じです。最終的に役者が一番美味しい目にあうよう日々の稽古の中で言葉を尽くして導いています。
そのほかにも周りの色んなものに影響され誘導され一つの人物が出来上がります。
そのイメージを超えなければ…僕の場合はまずは動いて作るので、
ツムラのイメージと動きを超えななければ、それはツムラに動かしてもらっているということに他ならないと思うのです。
ようは殺陣師や演出家の言葉以上に考えた者がより多くの成果を上げるのではないかと云う事です。
果たして予告編を作ったときのツムラが脳みそを使った以上に 考えて臨んだ者がいたか?卑弥呼の立ち廻りを作った時の脳内シュミュレーションより多くの回数身体を動かした者が何人いたか?それが現在の差として生まれていると思います。


最近それに近い話を皆とする機会がありました。
交わしている言葉は違うのですが 突き詰めて言えば同じような内容の話です。
最近の人の大半は言えばちゃんとやる良い子ばかりです。
しかし裏を返せば、言われたことしか出来ない子達ばかりだということ…
それは自分で判断する力を持っていないということ、自分で創造する力が薄いということ。
それはさすがに勿体無いと思うんだよね~

ツムラ組ではどんなに時間がなくても立ち廻り制作の講義を一回は入れて作らせるようにしています。
ぶっちゃけそんなことをするアクションチームはほぼ皆無です。そんな面倒なことを懇切丁寧に指導するより少しでも訓練させ、自然と作れるようになった者に機会を与えやらせたほうが効率がいいからです。
立ち廻りの制作は台本を書くことに似ています。
台本を書くと自分の趣味、口癖、芝居のスタイル、が100パーセント反映されます。
立ち廻りも同じで、自分が修得している動き、修得できる動き以外のものは出てきません。そして自分が立ち廻っている際、敵とのやり取りや空間の把握など 相対的なものをどれだけ理解しているか、面白いほどに知ることが出来ます。それを目の当たりにすることで 自分がどれだけ自分の力で動いているつもりでいたか、人の動きの中でしか動けていなかったかが分かると思うのです。
なかには 他製作者の立ち廻りと見比べて「あいつより作るセンスがない」と感じている者もいるようですが、それはもう動き云々以前の問題で、まずは自分との対話に行き着く必要があり、ちっちゃいプライドは捨てまずは頑張らなくてはいけません。ひとの力を借りない と意地をはっているほうが将来に期待を持てます。
何だかんだ言っていますが、ようは 殺陣ツムラ組の「はじめに」で言っている自分の設計図作りの一環で、強制的に自分を見つめるツールとして立ち廻り制作は有効ではないかというツムラの持論なのです。


最近の話し合いで、そういった僕の意図が掴めず「なぜこれをやるのかわからない」とか「新しい技術を入れすぎだまだ早い」などの意見がありました。その手の不満は出るだろうなーとは思っていましたが、上記のように最近の子は疑問に思っても訊きに来ないからね、知っててワザと放っておきましたww
そんな、脆いところはワザと崩して硬化プラスティックで固める作業が好きなひねくれた人間ですが、引き続き宜しくお願いしたいところです♪





ツムラは"出来る"人より"やる"人の方が好きです。
その結果 出来るようになった人はもっと好きです。


もっと色んな事柄に疑問をもって努力してください。
努力は才能ではなく欲だと思っています。
もっと自分の欲を工夫して良い人間になってください。








☆ かな・マル・みり 出演舞台 ☆
スターダス21 俳優クラス修了公演 『僕の時間の深呼吸』予約受付中!!

『僕の時間の深呼吸』チケット予約ページ




お帰りの際、ポチッとしていただけると今後の励みになります。
   
にほんブログ村 演劇ブログ 殺陣・アクションへ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございます♪
只今 殺陣・アクション ランキング  ☆2位☆
NEXT Entry
ツムラ組 3月前半 稽古スケジュール
NEW Topics
ツムラ組 殺陣教室 5月 日程
ツムラ組 4月 出演情報!!!
2月 殺陣教室 スケジュール
12月 殺陣教室 スケジュール
11月 殺陣教室 スケジュール
10月 殺陣教室 スケジュール
9月 殺陣教室 スケジュール
8月 殺陣教室 スケジュール
7月 殺陣教室 稽古日程
5月 殺陣教室 稽古日程
Comment
120
出来る人。より、やる人。か…
なかなか深い事言いますな。

少なからず僕もツムラくんに導かれ
感じ入る部分も多々あり、組織を見る機会もいただきました。
その中で考え、得た物をこれからに活かしたいと思います。

ありがとう!感謝しております(´・_・`)

121
おっ♪まじかヾ(@⌒ー⌒@)ノ

もっとリスペクトしろよww

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。