FC2ブログ
ホーム   »  2013年06月22日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
つい先日、立ち回り制作で頭を悩ましていたら、父親の誕生日を忘れてちょっと凹んだダイスケです( ;´Д`)


さて、最近僕とYっきーさんはツムラ組での稽古で立ち回り制作をやらせていただいています。
今回から、その立ち回り制作の過程や結果で、気付いた事&気付かされた事を、不定期に書かせていただこうと思いますm(_ _)m


いきなりですが皆さん。
立ち回りとはどういうモノだと思いますか?


完璧に主観ですが、僕が思う立ち回りとは、物語に沿って、物語を加速させ、芯、絡み共に気持ち良くやれる事(手段)。だと思っています。


そして、僕がこのツムラ組で師事している
『ツムラ組総帥 津村英哲(以降、英哲くん)』は、ムカつくくらい絡みがやりやすく覚えやすい立ち回りを作りやがります。
正直、今の僕ではケチのつけ様がないくらい、適当に素早く最善を作ります。



っと、前置きが長くなりましたがこれからが本題。


立ち回り制作をする際、英哲くんが口を酸っぱくして絶対に言う事があります。
『適当にとりあえず作ってみて( ̄▽ ̄)』とこんな顔文字の顔で言います。
…アホか。と思いますよね?
しかしながら、この一見アホか。とも取れる発言は、実は理に適っています。…僕限定かもしれませんが( ;´Д`)


僕は性格上、正解を選びたがります。
でも、この思考は殺陣をやり慣れていない人間、更には立ち回り制作をやり慣れていない人間としてはあまり良くありません。

何故良くないかと言いますと、正解を選びたがるせいで素直に身体の動きに従う事や、その時の緊張感などを丸々無視して自分のやりたい画だけを押し付けた立ち回りが出来てしまう。

出来てしまう分にはまだ良いんですが、素直に従わないせいで途中で止まってしまう。
止まってしまうと時間も浪費してしまい、周りにも迷惑を掛けている。と言う意識のせいで、焦って酷いモノが出来る確率が高い。

最初から手直しも必要の無い完璧なモノより、素早く作って全体像を出してから手直しをする。
後者の方が柔軟性があり、且つ良いモノを作れます。

もちろん、作り慣れてる方視点ではなく
若輩者視点なので全てがそうだと言う事ではありません。
少なくとも僕にはこちらの方が当てはまります。


なので、必要な設定を適当に守り、酷くても良いからとりあえず作る。
作った後に流してみて、おかしい所を修正する。
僕達の場合、見て評価してくれる人間がいるんだから尚更です。



とりあえずこんなとこです(笑)
今回は内容が薄いですが、まずブログを書く事に慣れておらず
少しずつマイペースで書いていきたいと思っておりますのでご容赦下さいm(_ _)m


牛歩ですが、このツムラ組を盛り上げて行こうと思いますので
生温かい目で見守っていただけると幸いです(笑)

次はYっきーさんにご期待下さい!
ではまた次回のブログにて。
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930