FC2ブログ
ホーム   »  2013年04月07日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

おはようございます!

最近広島弁でしゃべっている、ちぃです!

出演ではないんですが、今度広島弁を使った舞台に関わらせていただくことになりまして(*^^*)
詳細が決まりましたら宣伝させて頂きますので、是非観にきて下さい!

では、ギリギリの更新ではありますが、4月最初の殺陣教室は~…


●準備運動
●殴り・リアクション
●後ろ回し蹴り


という、内容でした!
無手をみっちり!

殴り・リアクションでは、リアクションの練習を中心に……

したいのですが、どうしても殴りの練習が中心になってしまいます(汗

ツムラさんの仰る通りリアクションありきに繋げる為に、私共助手メンバーがしっかり正確な動きを出来るように、今回は私たちもみっちりしごいて頂きました。

何に関してもやはり呼吸は大切で、殴りの息のイメージは「ふぅ~~う!」
文字だと伝わりにくいかもしれませんが(-_-;)

最後の、う!の時と、身体が止まる瞬間とが同じタイミングになると強い殴りに見えます。
(受ける人も殴り手と呼吸を合わせることで、タイミングの合ったリアクションが出来ます。)

またパンチは拳や腕ではなく、肩で殴る!
腕から先は記号として使って、本質は肩…というか、肩と鎖骨の間あたりのところを使います。

その練習に、肩パンチというものもしました。
簡単には言えば拳を使わないで、肩でミット(大体送り足の爪先の上くらいの位置にあります)を叩くのですが…

この練習で足先の上にあるミットを殴れない人は、重心がしっかり足にかけられていない証拠です。

重心の移動はこれもまた殺陣をしていく上でとても重要なポイント。
蹴り足を床から離してもいいくらいに、しっかり重心を移動させましょう。

呼吸、重心の移動、他にも膝の向きやらインパクトの瞬間やら沢山沢山注意しなきゃいけない事があるのですが、考えすぎて逆に動けなくなってしまってはいけないので、そのあたりも調節しつつ…

受講者さんによって得手不得手は必ずあるので、そのあたりも見極めていけるようにしたいです。

後ろ回し蹴りでは、段階を踏んでやっていきました。

最初は壁を使って、足首の重みだけで振る練習。

ようは振り子の要領ですね。

それから段々と、足を上げるのには何処の筋肉を
使っているのかとか、反作用の使い方だとかを混ぜていき…

最終的には壁から離れて回し蹴りの練習をしました。

これが大変難しい。

変なところの筋肉を使っていると足が回らなかったり上がらなかったり、蹴ってる途中でバランスが崩れたりと、そりゃもう四苦八苦なんです。

でも後ろ回し蹴りが最初に出来るようになると、他の蹴りは上達やコツを掴むのが早い(はず)なので、ツムラ組では後ろ回し蹴りを最初にやっております。

難しくて苦しいですが、ここは頑張りどころですね!

私も今、四苦八苦しながら練習しています。
早くマスターしてみせるぞぃやぁぁあ!
(*´∀`)ノ

…なんだかやった事の密度にしては内容の薄い記事になってしまいました、反省orz

よく考えたら講座よりも反復練習の方が多かったから、かもしれませんが、それでも充実したブログ内容が書けるように、もっと色々と考えなきゃなぁと思ったちぃなのでした。

というわけで、今回はここまで!

次の記事は、ツムラさんによる殺陣考察です。
お楽しみに!



。*゜ちぃ゜*。
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930