FC2ブログ
ホーム   »  2013年01月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
明けましておめでとうございます、ツムラですm(_ _)m


新年明けて初めてのツムラ組稽古でした♪
僕と見学者さんをいれて7人。
最近はWSばかりだったので少ない気がしたけど、ツムラ組の稽古としてはかなり多い方だったということに今更気付き、今までの小規模さに改めて驚いた一年の始まりですww


さて、途中まで男祭りだったこともあり珍しく肉練をやりました。て云ってもほぐす程度だけど( ̄▽ ̄)

うちは基本は肉体訓練はしないんですよ。
ん? 何でかって?
うちは身体の動かし方を教える場所じゃなくて、考え方を教える場所だからね ♪
厳しくいえば、そんなことは自分の身体に相談して自分たちでやってください、と たまに言っていますw

『え?殺陣教えてんじゃないの?』って 思う人が多いみたいなんだけど、ツムラの持論は "殺陣がデキる人とは、剣を抜かないと云う選択肢を一つ多く持ってる人" と今のところ定義してるからね。だから、アクションマンになりたい人は 他に行った方が足が早いよ とも言っています。これはよく言っている。



それましたww
なので、基本 型の練習などは身体をほぐすためにやるんだけど、最近は新しく 流々舞を取り入れているので すぐ流々舞に入っちゃったりします。

流々舞とは…
厳密には流々舞と云うものはないらしいので、此処で説明するのはツムラ式です♪
技の確認や流れの確認などを主にする為 ゆっくりした動きの中お互い技を掛け合う古式武術の練習法で、お互いに力量差があれば 遅い動きでも技がかかってしまうという面白い稽古法です。
ツムラ式では、最低でも相手より遅く動く、と云う基本ルールの元にやらせています。体捌きはもちろん 足をあげてしまったら下ろすスピードも一定で行う。
何故この練習法を一発目に持ってくるか? これは色々と利点がありまして、芝居でいえば 即興劇にあたるこのやりとりですが、相手の動きはもちろん 自分の身体も強制的に意識をせざるを得なくなってしまいます。
ゆっくりの動きの中 ゆっくりだからこそ思考する間が生まれ そして迷いが生じる。その為 自分の任意で次の行動を決めて行かなければいけない。転びそうになったら手や足が先に出る と云った身体が導き出す答えではなく、自分の意思で決めた答えが必要になってくる。

人間には"なんとなく"という生き物特有の能力が予め備わっています。本能や反射と呼ばれものです。
それは理性が加わることにより誤作動を起こします。その特性を逆に取って強制的に脳をオープンチャンネルにしてやるのがツムラ式流々舞の最大の目的です。
その他にも ゆっくりだから危険性がない、全身運動になる、コアのトレーニングになる、自分の癖を知ることが出来る、相手の動きのどこを見ていたのか意識出来る、ゲーム感覚で楽しい、等々 頭と心と身体を同時にほぐす事ができます。
それらの理由により最近は冒頭にこれを持ってくるようにしています。
どの程度効果があるかはまだ検証途中ですが…ww

こう云った練習法を率先して取り入れてる理由は 実のところ ちゃんとありまして…
筋トレや鉄で鍛えた身体には 自分には邪魔なものが多くついて来ます。背筋が付きすぎてしまう事で正しい姿勢が取りづらくなったり、身体を開く際に付いてしまった筋肉がストッパーになってしまったり その他色々あります。
表現者たる僕たちに一番必要な筋力とは、自身の身体を支える筋力です。
それは動きの中で鍛われていくのが一番効率が良いと僕は思っています。

中位以上のテニスプレーヤーは、サーブの球威をあげる為に、専門のトレーナーにつき 身体やプレイスタイルを科学的に分析し、専門の機材を借り 用途に合った使い方を習い 自分のサーブに必要な筋肉をピンポイントで鍛えます。
アスリートではない僕たちは何かに特化させると汎用性が低くなってしまいます。
だからこそ、自分の癖や特性を生かして自分の動きの中で鍛えていくのが最も正解に近いものではないかと、現在僕は思っていたりします。
その中で自分の事を知ることが出来たりするしねー( ̄▽ ̄)
どんな動きが得意とか苦手とか。
それに気付く……普遍的な言葉を使うなら、自分を知る為にはどうすれば良いのか?そのツムラ式アプローチ方法を見てもらってるのが ツムラ組だと思ってください。それが一番認識としては近いですww


まだまだ研究段階ではあるけれど、現時点ではツムラ式 流々舞は身体も意識も同時に養える良いツールではないかと 新年初の稽古を通して再考察するに至ったのであります( ´ ▽ ` )ノ



ん~…
流々舞特集になっちゃったけど、これはこれで良しかな( ´▽`)
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031