ホーム   »  第3話
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
来週の木曜日 23:58~

読売テレビ「名探偵コナン 工藤新一への挑戦状 」第三話に出演させていただいております。










詳しくは、ツムラのブログ「 徒然なるままに 」をご覧下さい。






【無料宝くじ券発行】毎月当選の大チャンス!


ツムラの更新はかなり久しぶりですね。


「出力していくことで理論を固めていこう!!」を強制的に行っているのがこの「殺陣 ツムラ組」の根幹にあることは開設のご挨拶で申した通りです。
それと同時に「今日教えたことをメンバーたちがどんな形で言葉にするのか知りたい!!」という欲から、ブログの更新は必然的に僕以外のメンバーがすることになってしまっています。
まぁ、教えている僕が、僕の教えについて語っても詮無いことなのですがww
そんなわけで、月一でそれまでのまとめを…といいますか、現在のツムラ組について考察してみようと筆を取った次第なのです。

上記した理由はもちろんなのですが、じつはこれに至ったのにはもう一つ理由がありまして、
先日、ブログ内に更新通知機能を設けまいた。長くに探していた機能がうまく見つかったことでテンションが上がっていたこともあり、設置から数日を待たずソッコー友人知人宛に招待メールを送ったところ、思いの外多くの了承をいただけました。「前から見てる♪」「毎日見るぜ!!」と直接連絡してくれる友人もいたほどです。
これはもう!楽しんでもらねばっ!!と一瞬張り切ったのですが、ブログ記事内容を振り返ってみると 稽古知っている人にしか実感できない いわゆる内輪ネタ属性なことに気付きました。
画像や動画をはることができれば少しはちがってくるんですが、正直4時間でも時間が足りない現状ではどうしても稽古以外に割く時間は取れない。それなら、と思い立ったのがそもそもの理由だったりします。



すんません、前置きが長くなりましたね。
さてさて、どうしましょう…
マジで何も考えてないww

折角だしメンバーの勉強にもなるように ツムラから見たメンバーの現状を一人ずつ上げていくのがいいかも知んないね( ̄∀ ̄)




そんじゃ行きますよー
まずは



AKIHIRO

最近は急に上達して来てますね。
細身だけどフィジカルは強い方だし場数を踏めばイケるかなとは思っていたけど、思ったより少し早く上達してくれてるかなって感じです。
最近現場に行くことが増えて来て自覚が芽生えてきたのもあるのかな?
当初は、行動の軽さと野球の癖がなかなか抜けなくて どうしたもんかなと思ってたけど、やっぱり環境って助けになるんですね♪
彼を見て、「人って続けてるとうまくなるんだね」って思ったことは内緒にしておきましょう。

とにかく体重移動がうまくなりました。恐らくチーム内ではピカイチです。
今までの経験上、野球経験者は少しの体重移動と腰から走らせる動きで全てを作る傾向があったので 例に漏れない彼の動きの指導には色々と工夫を強いられました。その甲斐あって…というか、ある日を境に素直に指導を受け入れるようになってからは面白いほど上達してくれています。自分で工夫して野球の感覚をうまく使っている。
立ち回りでは体重移動がうまくなると全ての表現が二段とばしで上がります。厳しいことを言えば、やっと入り口にたった段階なのですが、このままサボらず続けてくれれば カラミ(絡み役)として重宝されるアクターになれると思います。後は手の扱いを覚えてくれれば文句無く現場に立てると思う。

問題は蹴りなんだけど…取り合えず蹴りはいいよ。
おっと、誤解を生みそうだねww
彼の場合 力学は身体が理解しているんだけど、稼動域の狭さから技を再現できていないパターンです。
女性並の柔軟性を持っていれば、恐らくすでにある程度マスターしているんじゃないかな?
焦んなくていいよ。ずっと蹴りを出していれば、それ用の身体になってくるから。
だから、焦らなくていい。
立ち回りに必要なのは技よりも もっと多角度的なものだから、まずはそれを養いましょう。




青木

青木は……
まだ2回しかきてないからね~
なんともいえないっすww

つか、青木は別にアクションを習いに来てるわけじゃないから、その都度 状態に合わせて助言するだけかな?
その中で得たものを何かに役立ててくれれば充分じゃないかな♪



いく

彼女は中々いいですよ♪
柔軟性も高いし運動神経もなかなか良い。加えてちゃんと理屈を理解している。
後ろ回し蹴りもその日のうちに掴んでいたし。

惜しむらくは完全に女性だと云うところだろうか。
何といいますか…一言で言うと、拳が軽い。
立ち回りにおいて打撃の重さというのはテクニックであり、攻め手の表現力の殆どを占める唯一の技です。
リアルな芝居を求められる場合 必須となる要素だったりします。
性質が家庭的だからね、そこを脱しろと云うには中々難しくはあるけど……頑張りましょうぜ!!
細かいことばかりになるだろうけど、逐一助言しますんで。
毎度 男になった気分で行きましょうぜ♪



矢作

最近あんまり見ないね。
ほかが忙しいのかな?
一月近く会っていないのでもうイメージで語るしかないのですが、
何といいますか…トリッキーですww
毎度 彼の動きを生かす方法を模索しています。
あまりピタっと来る案は浮かばないのですが、今度会った時は細かく指導しますので素直に受け取ってください♪




エリ

ダンスを長くやっていたこともあって、なかなか身体に恵まれた子です。
手足が長く柔軟性もある。(本人は硬いと言っているww)
今まで細部を動かしてきたからか 大体のものは感覚が補ってくれるのである程度までは短時間で出来てしまう。
曖昧なイメージのまま 身体が正解へと導いてくれるタイプ。所謂才能ってヤツですね。
多分後天的な気がする。
全てにおいてバランスよく揃っています。
だがしかしですね、ある程度まではとんとんといくのですが、そのある程度までいくと必ずダンスが邪魔をして足踏みをしてしまいます。
それは何故かと言うと、いままで身体を動かして覚えてきた分でしか動いていなかったから。
前々からそんな気がしていましたが、先日 重心が踵にあることが判明しました。
ダンスを続けていた頃はつま先にあったのかも知れませんが、自分が踵にあるこことに気付かず、感覚であれほどのバランスを取っていたことになります。それはある意味すごいことです。
これも恐らくなのですが、ダンスを離れ 無意識に私生活でなるべく筋力を使わないように使わないようにしていた結果のものだと思います。
踵重心が悪いというわけではありません。出来ないと分かれば つま先ではなく踵で蹴り出す工夫をすればいいのです。
しかし、今まで感覚に頼ってきた分アプローチ手段が中々見つけられず、一番信頼のあるダンスに頼ってしまうのでしょう。これはメンタル面にも関わってくるのかも知れません。
だから僕は彼女には少し厳しく接することにしています。

僕は、褒められて実力を発揮する人はいても 伸びる人はいないと信じています。
人は程よいストレスの中にいるからこそ強くなります。
しかし、同じ痛みでも 感じる痛みの度合いは人によって違います。
そのギリギリのラインを狙うのが指導者としてのテクニックだと思っています。
今 彼女には、踵を使う工夫はさせず、つま先の強化という 疲れる 最短のルートを取らせています。
当面はフィジカルだね。




ゆきえ

うちの有能秘書です。
彼女がいなかったら多分ツムラ組はここまでちゃんと活動していなかったっと思います。
動きに関しては、素直で吸収率はかなり高いです。
惜しいのは、彼女も性質が女性なんだよね。加えて腰が柔らかいので必要以上に意識しないといけないところが多い。
彼女も最近忙しく、中々来れないし、本気でアクションをやろうと言うわけではないので、できる範囲で助言できればなっと思っている。
一つだけ課題です。一度おぼえた感覚は出来るだけ忘れずにおきましょう。
後ろ回し蹴り、折角蹴れてたのにねぇ~




かな

最近は足運びが軽やかになってきてる。
重心移動が少し身体に馴染んで来てるみたいです。
やっぱり拳に軽さがあるけど、硬すぎず柔らかすぎずな身体のお陰で前後ろ共に綺麗な良い蹴りを出せている。
しかし、妙に硬いところがあり前蹴りを突き出せない、回し蹴りをヒザから走らせられないなど、修正箇所が要所要所あるのでしっかりやっていきましょう♪
あと、腕はしっかり肩より上でキープしよう。



マル

身体的には誰よりも恵まれています。
フィジカル高いし、柔軟性も高い、股関節なんてマタ割り寸前。
そんでもって格闘的なボディーバランスが元から取れてるから柔軟性も相まってとても綺麗な軌道の蹴りを放ちます。
しかし残念なことに動きが硬い。
そして、力強くはあるけど打撃が軽い。
何をどう助言すれば改善されるか今の所良い案は浮かばないのですが、恐らく彼も踵に重心を置いているような気がするので、もしそれが当たりなら 4スタンス理論で実感を持たせながら地道につま先にシフトしていくことでうまく修正することが出来るんじゃないかと思っています。
彼がちゃんと分かると様になればチーム1になれると思おうんだけどな~
しっかり考えないとな( ´д`)=3



コーチ

最近会ってないな~
彼は鳥人です。
逆に俺が教えてもらいたいことばかりだよ!!
彼はツムラ組のアクロバット指導をお願いしています。
今は中々そこまで踏み込めてないけど、ちゃんと技術交換が出来ればいいな♪






個人のまとめは以上です。

毎回全員参加とは行かないのが一番の悩みどころだね。
今の所平均参加人数5人、日によっては2人の時もある。
参加人数10人前後だともっと色々できるんだけど、中間発表が重なっている時期にそれを臨むのは贅沢というものなんでしょうね。
夏が過ぎれば参加人数を増やす予定だし、それまでは各々のレベルアップがメインといったところでしょうか?




ブログの機能を少しずつ増やしています。
1週間前に更新通知機能、2日前にはツイッターを連携させました。
まだ構想の段階なのですが、いずれココから何かを発信できればなと思っています。
例えば、ユーストリームとツイッターを連動させた外部参加型の殺陣稽古とか、
その逆のパターンで、ネット出張殺陣指導とか、
実はアホな考えではなく、遠方の元教え子(?)からの要望を逆算して考えている案だったりします。

メンバーの出演や活動の告知も積極的にさせようと思っています。
上記にも述べましたが、思っていたより多くの方が応援くださっています。
ツムラ組内外の活動を幅広くお知らせすることで、少しは何かをお返しできるのではないかなと思っています。
その為のツイッター導入だったりします♪



まだまだ色々と構想の段階ですが、何かしら楽しいことが出来ればと常日頃考えているツムラです。
長文お付き合いありがとうございました。




お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031