ホーム   »  夏合宿
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年恒例の スターダス・21養成所 夏合宿が無事終わりました。
いや~疲れた♪


ツムラがスターダス・21に所属している関係で、ツムラ組のメンバーの殆どはスターダス・21関係者です。
そして、現在その養成所に所属しているのが、かなとマルとみりの三人、それ以外は修了生。つまり、メンバーの半分以上が夏合宿を経験していることになります。
僕たちの間では夏合宿ネタは鉄板なのですが、前にも触れたとおり 外部の方はその内容を知らない方が多いので、折角ならと 我らが所属する スターダス・21の活動を広めてみようかと思います。
殺陣とは関係ありありなのでご安心くださいww



目的地は長野県。新宿スバルビル前からマイクロバスに乗り 3時間弱かけて移動します。
今年の参加者は、養成所生24名 講師6名の計30名、夏合宿は基本参加自由なので毎年参加人数が変動します。去年のエリとゆきえの代が一番多かったんじゃないかな?今年はちょっと少ないです。
講師は、所長の松永さん、演出家の原田先生、役者の瀬田先生、俳優 演出 講師何でも一流 岡田先生、殺陣師の菊地先生、そして その助手 ツムラです。
講師陣ちょっと多いんやないか~い、とお思いでしょうがそんなことはありません。
実質講義に参加するのは、菊地先生 瀬田先生 ツムラの三人です。
ん?他の方たちは何をしに行くのかって?そらもう、若者に人生を教えに行くのですよ♪

夏合宿には、今後役者として活動する上で必要となる 様々な要素が散りばめられています。そのひとつが、新宿スバルビル前集合です。
毎年必ずといっていいほど道に迷い遅刻するものがいるのですが、それでも場所も地図も変えないのには分けがあります。役者業でロケのお仕事が入ると、高い確率で新宿スバルビル前からの出発になります。新宿駅内外はかなり入り組んでいて不便なのですが、いざお仕事が入った時に同じように遅刻することが無いようあえて集合場所をスバルビル前に設定しています。所長の細かな意図が見え隠れしますね。♪
そんなことだとは知らない受講生は、毎度不満をもらしてたりするんだけどねww



そんな夏合宿のメニューは以下の通りです。


1日目

8:45  新宿スバルビル前出発
    ↓ 
14:00 長野県 みどり村到着
    ↓
15:00 レクリエーション(自由時間)
    ↓
18:00 夕食
    ↓
19:00 タップダンス(瀬田先生)
    ↓
21:30 発表会のチーム分け&台本配布
    ↓
22:00 自由時間(大体 ミーティングになる) 


2日目

8:00 朝食
    ↓
9:00 殺陣 ※準備運動 基本の型 組み手1対1 1対3(菊地先生 ツムラ)
    ↓
12:00 昼食
    ↓
13:30 タップダンス班 殺陣1対1班 別稽古
    ↓
14:00 芝居立ち稽古&殺陣付け
    ↓
15:00 発表会リハーサル(①タップダンス②立ち回り2種③芝居)
    ↓
16:00 第八回 岡田杯争奪戦(発表会本番)
    ↓
17:00 表彰式
    ↓
18:00 夕食
    ↓
20:00 懇親会(飲み会♪)
    ↓
23:00 一旦解散(以降自由)


3日目 

8:00 朝食
    ↓
10:00 みどり村出発
    ↓
14:00 新宿スバルビル前到着 解散



以上です。

こう見ると、結構な強行スケジュールだね(汗)
毎年 生徒たちは、二日目の昼以降 時間が足りないことに気付きバタバタし始めますが、菊地先生と僕は 時間が足りないことはわかっているので朝から焦ります。ツムラはもう何でも(前日のタップから)手伝うので到着直後から焦ります( ´д`)

菊地先生と瀬田先生の申し出で、今年から発表にタップダンスが加わりました。そのため去年にもましてスケジュールが密になったので、正直大変でした…瀬田先生が「やっぱりタップもちゃんとした助手がいないとキツイです」って所長に直訴していたくらい。
あ、そういえば 初日の飲み会でかなが猛烈に立候補してたな~( ̄∀ ̄)
瀬田先生が「一年かけてみっちり教える」って言ってたww
やっぱりこの職種、自己アピールは必須ですね。もちろん好感の持てる範囲でですが。



タップの練習はこんな感じで行われています。

タップ1

このときツムラは、環境整理や機材調整 ケガ人の治療など雑務に追われています。

タップ2

あら?我らが かな嬢は一人だけサボっていますねww

タップが終わると、発表会に向けての恐怖のチーム分けと台本決めです。
チームは所長が決めてきており、台本は原田先生が7種類の中から各チームに一番あったものをその場で決めたので、今年はサクサク一日目を終えることができました。
その後 講師陣は飲み会 生徒は明日の発表に向けミーティングです。
心配なので、ツムラは各チームに顔を出して 危なそうなところは助言をしたり大丈夫そうなところは見守ったりしていました。毎年のことなのですが、発表会となると皆ウケることがしたくなるようで、あさっての方向に読解しちゃったりします。そんなときはツムラが少し出しゃばるのですが、やっぱりやりたいことがあるようでたまに微妙な顔をされたりします。これも毎年のこと。
でも今年はそんなに大きく外れてるチームはなかったかな?年々優秀になります。
一通り見て回りその足で飲み会初日へレッツゴー。

Zzzz…



無事初日が終わり、誰もが忙しい二日目。
そんな僕たちの元気を支える みどり村の朝食がこちら

朝ごはん

普段 朝ごはんを食べないという みりが完食するほどの美味しさ♪
これで今日ものりきれます!!


二日目はスケジュール通り 朝から動きまわります。
昼を過ぎるとあっという間なので、講師陣は何とかここで時間を縮めようとがんばりますが…毎年うまくいきません(汗)
毎年違う生徒たちだし、仕方がないのかな?
準備運動、基礎運動、マット運動、菊地流基本の型を終え 昼前までに発表会用の立ち回りを教えます。
時間が一番かかるのが、この立ち回りを教える作業。
立ち回りの「手」は、理屈を理解していない人には考えることが多すぎて覚えづらいものです。その作業に大半の時間を費やします。案の定かなりの時間を使い不安定なまま昼食へ…今年は午後一でタップなので正直焦ります。


昼食を終え、タップの復習を終え、いよいよ芝居の立ち稽古。
残り時間は40分。
いや、無理でしょ!!
と思ったのですが、何とかなりました。

台本は1~2ページと短いものなのですが、全ての台本に立ち回りが入っているでそれを作るのに時間がかかります。
まず菊地先生と僕が立ち回りをつけて回っている間に自分たちで立ち回りをつけてもらい、そのやりたいこととの整合性を図ります。毎年この時に 大抵 右斜め45度に行ってたり、台本読解からスタートしなくちゃいけなかったり、チーム内で喧嘩していたりするのですが、今年はそんなこともなく皆ちゃんと作りこんで来てくれていたので、各チーム 練度はともかくリハーサルまでに間に合うことができました。そこは優秀だね♪

そしてリハーサル。

ツムラはこの時に リハの司会進行と音決めと音響操作を同時にやるのでかなり大変です。それプラス、リハ前後が一番ケガ率が高いので心労もたまります。今年は足の皮が剥けたの一人と 足の爪が剥がれたの一人で済んだので安心しました。



リハを終え…



やってまいりました!
第八回 岡田杯争奪戦!!

そもそも、岡田杯とは何かっ!
よくわかりません(汗)
ただ、トロフィーを掲げるようになった8年前から岡田先生主催の発表会となったみたいです。来年詳しく訊いておきます。
チーム別に金銀銅賞、個人賞に主演男女優賞 助演男女優賞、そして毎年名称が変わる特別賞(今年はお茶を濁したで賞)が授与されます。

本当は動画を撮りたかったのですが、音響を操作しつつの撮影は無理でした…
ですが、何枚か写真だけは何とか撮ってきました。


まずは、第一演目タップダンスの風景です。

タップ発表

木刀を持ちながらのタップダンス…斬新だ…
タップシューズで走り込むので、転倒者多数でした。

第二演目 約束組み手

殺陣

これは1対1の風景です。1対3は撮れなかった…(T口T)
今回はどちらもちょっと長めで、2分くらいの構成になっていました。

第三演目 芝居

芝居

今年はまとまっていた分 大人しかったかな~。
去年もそうだったんだけど、皆 物使わないんだよね。使っちゃいけないって誰も言ってないんだから使えば良いのに無対象でやってる班が多かった。もったいないよね~(´口`)
このチームはバリバリ使ってましたな。さすが かな嬢とチカラのいる班ですww


そしてこれっ!
我らが かな嬢のお宝ショット!!

かな1

難癖付けられる かな。

かな2

いじめられる かなw

かな3

倒される かなww

リハの時から、これだけは撮らねばと思っていたので 忙しい中無理して撮りました♪
欲しい人はダウンロードOKですww


そして表彰式。
ツムラはこの時もやらなくちゃいけないこと満載なので、残念ながら写真すら撮ることも出来なかったのですが、恙無く円満に終了しました。

世の中全てにおいてですが、物事は必ず準備不足からはじまります。
限られた時間の中で 自分の引き出しを開けまくって何とかやりくりするしかありません。
確かに賞は用意されているのですが、今もっている素質で賞をもらったものより、1日で行われる発表製作でそれに気付けた者のほうが、後々良い成果を出せたりします。
この夏合宿はそのためのものです。



発表会が終わり、夕食後は恒例の懇親会という名の飲み会です♪

講師陣は ツムラ以外 皆さん超がつくほど一流の方たちばかりです。
松永所長は 演出家時代に折笠愛さんと舞台を打ってたり 若い頃に共演したシティーボーイズさんたちとは今でも懇意だったり 現役役者で経歴も人脈もとても太い方、原田先生は 古い名作を掘り起こし伝えることが日本一うまいと云われる演出家で 劇作家協会にも参加しており 昨日聞いた話では井上ひさしさんなどの名作家とも懇意なくらいすごい方(実際僕も飲み会で 八代静一さんの娘さんとご一緒させて頂いたことがあります)、瀬田先生は 原田先生主催の劇団「キンダースペース」の看板女優で 原田先生とほぼ同じ現場と人脈をお持ちの方、岡田先生は 俳協の現役役者であり演出家であり 朗読 アクセントの講師としてひっぱりだこの非常にお忙しい方、聞いた話によると佐藤健さんも教え子なんだそうです。そして我が師匠 菊地竜志先生。時代劇が盛んだった昭和の時代では、殺陣といえば菊地剣友会といわれていた程のお方、今でも一部では生きる伝説といわれているそうです。そんな講師陣ととても近い距離にいられることがこの夏合宿の一番のメリットです。

ここにまた役者として必要な心得が詰まっているのですが…
これは口外出来ないものなので控えさせてもらいます♪




こんな感じで毎年 あっという間に夏合宿は終わります。
ですが、芸事に従事している者にとっては日常の一部です。
岡田先生は都内での講義のため早朝 新幹線でお帰りになりました。
原田先生瀬田先生は、終了後 マイカーでもっと上に行きます。
菊地先生は大阪に行きますし、僕も明日から撮影やらオーディションがあります。
この先、生徒たちには修了公演というビックイベントが待っています。
続けていけば それらのイベントも日常になっていくことでしょう。
その、もう少し先の日常で この夏合宿で得たものを生かしてくれたらなと思っています。




スポンサーサイト
お知らせ
   
ツムラ組 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログの更新を通知します
ブログの更新をメールでお知らせいたします♪
「 pingoo@pingoo.jp 」を指定受信にして下さい。


提供:PINGOO!
相互リンク集
来場者
アクセスランキング
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。